ゴルフ スムーススイング IZMG9TRA レディス 2003レッスン・オブ・ザ・イヤー 内藤雄士氏もおすすめしています

商品の特徴

2003レッスン・オブ・ザ・イヤー 内藤雄士氏もおすすめしています。

この「スムーズスイング」をつけて、ボールがしっかり打てるようになれば、あなたのスイングは完成形といえます。

「スムーズスイング」のいちばんの効果は、腕と体の動きを同調させることです。

アマチュア・ゴルファーのほとんどが腕と体の動きが同調できず、手打ちになっています。
その結果、右肘が上がりオーバースイングになったり、トップ・オブ・スイングでシャフトがクロスしたり、腕だけで切り返してしまいアウトサイド・インのカット打ちなったり、さまざまな弊害を生み出してしまいます。
この「スムーズスイング」は、ただ腕につけてボールを打つだけで、自然に腕と体が同調したスイングが身につきます。
というか、手打ちではボールが打てなくなるのです。
スイングも自然とコンパクトに鋭くなり、私がコーチするツアープロの間でも大好評です。
「スムーズスイング」でボールがしっかり打てるようになれば、あなたのスイングは完成形といえます。

こんな症状を解消し、理想的なスイングと弾道を生み出します。

・アドレスのバランスが悪い
・右肘が上がり、オーバースイングになる(詳細画像をご参照下さい)
・トップ・オブ・スイングでシャフトがクロスしてしまう
・腕だけで切り返してしまい、アウトサイド・インのカット打ちになる
・体重が後ろに残り、すくい打ちになってしまう

■練習方法
ウェッジ、アイアン、ドライバーの順に、実際にボールを打ちながら練習してください。

プレッシャーに負けないスイングのカタチが身につきます
・「スムーズスイング」を両腕に写真のように装着します。

・「スムーズスイング」に慣れるまでは、ウェッジを使い、小さな振り幅で20~30ヤードを打ち続けてください。

・ウェッジで50ヤードが無理なく打てるようになったら、7番アイアンを持ち、ショートスイングから打ち始めてください。

・7番アイアンのフルスイングでストレートなボールが打てるようになったら、ドライバーで練習します。

(注1)「スムーズスイング」で練習する際は、初めからドライバーを打つのではなく、毎回、ウェッジからアイアン、アイアンからドライバーと順を追って練習を重ねてください。

(注2)素振りと実際にボールを打つのでは、体の動きも気持ちの緊張度も変わってきます。
「スムーズスイング」で練習する際は、実際にボールを打ちながら行なってください。

商品スペック

その他メーカー その他 スムーススイング IZMG9TRA レディス

サイズバリエーション 約8cm×約27cm
対象 レディス

商品のご購入はこちらから
該当商品がない場合、楽天市場もご確認下さい

スポンサーリンク